タイトル画像
総合TOP.hack//G.U.攻略TOP>個別END台詞集(3)
関連項目

個別END台詞集(3)


個別END

八咫
八咫
「長い間、待っていた――君が来るのを」
ハセヲ
「八咫……」
八咫
「そうだハセヲ――」
ハセヲ
「待て、俺に言わせろ」
ハセヲ
「お前が、必要だから」
八咫
「…………」
パイ
「そんな馬鹿な事が……!?」
ハセヲ
「そろそろ……いこうか」
パイ
「似たもの同士って言ってたのに……」




―知識の蛇へようこそ―
八咫END





「あ、来た来た!! ハセヲさんだ〜っ!!」

「ふふふ、ハセヲさんと冒険できるなんて、僕、すっごく嬉しいですっ♪」
ハセヲ
「欅……」
ハセヲ
「よし……そろそろ行くか」

「はい♪」




―僕、ますますハセヲさんに興味出てきちゃったなぁ―
欅END




志乃
ハセヲ
「志乃……」
志乃
「ハセヲ……遅刻」
ハセヲ
「……わりぃ」
志乃
「半年も遅刻」
ハセヲ
「……!」
ハセヲ
「いや、俺は俺で……」
ハセヲ
「がんばってたんだぜ?」
ハセヲ
「……でも」
ハセヲ
「助けるの……」
ハセヲ
「時間かかって、ごめん」
志乃
「……うそ」
ハセヲ
「え?」
志乃
「ふふっ……」
ハセヲ
「んだよ……結局、子供扱いか」
ハセヲ
「……なぁ、」
ハセヲ
「もしかして志乃、オーヴァンのこと……」
志乃
「……行こ」
ハセヲ
「……?」
志乃
「もう、がっかりさせないで」
志乃
「みんな待ってるよ!」
志乃
「私たちのために……!」




―私は、見ていたから―
志乃END




ボルドー
ボルドー
「な、なんだよハセヲ」
ボルドー
「あんなカード送ってくるなんてさ」
ボルドー
「PKKより性質がわるいぜ」
ハセヲ
「……送ったのは……、」
ハセヲ
「グリーティングカードじゃねぇ」
ハセヲ
「俺の想いだ……」
ボルドー
「え、ええ?! そんなこと……」
ハセヲ
「マジなんだ……真剣に聞いて欲しい」
ボルドー
「……実は、アタシはあんたに自分と同じ匂いを感じていたんだ」
ボルドー
「そんなあんたに仲間ができるのを見てると、なんだかイライラしちゃってさ」
ボルドー
「誰かに取られそうで、怖かったんだ……」
ハセヲ
「そうか……」
ボルドー
「ハ、ハセヲ!」
ボルドー
「これからも、アタシと一緒にいてくれるかい?」
ハセヲ
「ああ!」
ハセヲ
「……幸せにする」




―これからも、アタシと一緒にいてくれるかい?―
ボルドーEND




ハセヲ
「楓――」

「愛するということは、一緒に歩いていく事……。共に最善の道を探す事……」

「よろしくお願い致します、ハセヲ殿」
ハセヲ
「ありがとう。あの、俺……」
ハセヲ
「幸せにする」

「はい!」




―私の刃……あなたのために―
楓END




カイト
ビックマン
「やっと来たわね。デートに遅刻は厳禁よ♥ あたしったら、立ち疲れて足がむくんじゃったじゃない」
ハセヲ
「お前!?」
ビックマン
「私のことは気にしないで、通訳としてきただけよ。 今回は脇役に徹するわ♥」
カイト
「アァァァァアアァァァ……」
ビックマン
「うんうん、じゃ、さっそく通訳するわよ。 『君のことをずっと見ていたんだ。』」
カイト
「アァァァァアアァァァ……」
ビックマン
「『僕と一つになって欲しい。』 まあ、なんて大胆♥」
ハセヲ
「……えっ、ええっ!?」
ハセヲ
「って、待て。落ち着け。迫るな。」
カイト
「アァァァァアアァァァ……」
ハセヲ
「よ、よせ! やめろ……っ!!」
カイト
「ガアアァァァア!!」
ハセヲ
「ぎゃぁぁぁぁぁっ!!」
ビックマン
「やっぱり、愛って美しいわ! 刺激されて、創作意欲ってやつが、モリッと湧いてきたわ♥」




―データドレイン!―
カイトEND




バルムンク
ビックマン
「やっと主役の登場ね。 バルムンクさんが、お待ちかねよ♥」
ハセヲ
「お前!?」
ビックマン
「私のことは気にしないで、通訳としてきただけよ。 今回は脇役に徹するわ♥」
バルムンク
「コォォォォオオオォォ……」
ビックマン
「うんうん、じゃ、さっそく通訳するわよ。 『君のことをずっと見ていたんだ。』」
バルムンク
「コォォォォオオオォォ……」
ビックマン
「『僕と一つになって欲しい。』 まあ、なんて大胆♥」
ハセヲ
「……えっ、ええっ!?」
ハセヲ
「って、待て。落ち着け。迫るな。」
バルムンク
「コォォォォオオオォォ……」
ハセヲ
「よ、よせ! やめろ……っ!!」
バルムンク
「オォォォオオオ!!」
ハセヲ
「ぎゃぁぁぁぁぁっ!!」
ビックマン
「やっぱり、愛って美しいわ! 刺激されて、創作意欲ってやつが、モリッと湧いてきたわ♥」




―オォォォオオオ!!―
バルムンクEND




オルカ
ビックマン
「やっと主役の登場ね。 オルカさんが、お待ちかねよ♥」
ハセヲ
「お前!?」
ビックマン
「私のことは気にしないで、通訳としてきただけよ。 今回は脇役に徹するわ♥」
オルカ
「グゥゥゥウウゥゥゥ……」
ビックマン
「うんうん、じゃ、さっそく通訳するわよ。 『君のことをずっと見ていたんだ。』」
オルカ
「グゥゥゥウウゥゥゥ……」
ビックマン
「『僕と一つになって欲しい。』 まあ、なんて大胆♥」
ハセヲ
「……えっ、ええっ!?」
ハセヲ
「って、待て。落ち着け。迫るな。」
オルカ
「グゥゥゥウウゥゥゥ……」
ハセヲ
「よ、よせ! やめろ……っ!!」
オルカ
「ゴァァアアァァァ!!」
ハセヲ
「ぎゃぁぁぁぁぁっ!!」
ビックマン
「やっぱり、愛って美しいわ! 刺激されて、創作意欲ってやつが、モリッと湧いてきたわ♥」




―ゴァァアアァァァ!!―
オルカEND




タビー
タビー
「ハセヲ!!」
ハセヲ
「あ……」
タビー
「なぁに、ハセヲ?」
ハセヲ
「あ、いや……その……」
タビー
「ふふっ」
タビー
「うれしかったよ」
ハセヲ
「そ、その……なんていうか……」
タビー
「……タビー、行っきまーす!」
ハセヲ
「おい、待てって、俺も――」




―ハセヲに会えて、うれしかったよ―
タビーEND




なつめ
なつめ
「今、一番欲しいのはBBSで噂のトライエッジなんです!」
ハセヲ
「!?」
ハセヲ
「よ、よせ! やめろ……っ!!」
ハセヲ
「ぎゃぁぁぁぁぁっ!!」




―トライエッジほしいなぁ―
なつめEND


.hack//G.U.攻略へ戻る