総合TOPトトリのアトリエ攻略TOP > GALAXYモンスター攻略

トトリのアトリエ GALAXYモンスター攻略

目次



GALAXYモンスターとは?

冒険者免許最高ランク「GALAXY」時に出現するモンスターのことを指します。
該当モンスターは「黒ドラゴン」「グラスエレメント」「オーツェンカイザー」の3体。

装備品の準備

最強装備作成方法を参考に装備を強化しましょう。

アイテムの準備

HP回復用アイテム「強壮の丸薬」を、MP回復用アイテム「メンタルウォーター」を用意しましょう。
効果は「○○回復・超」にすること。
特性は「万病に効く」「効果アップ」「回数アップ」「生きている」等を付けておくと良い。

HPMP回復用アイテム「ナントカの秘薬」「エリキシル剤」を用意しましょう。
特性は上記と同じく「万病に効く」「効果アップ」「回数アップ」「生きている」等を付ける。

戦闘不能回復用アイテム「ネクタル」を用意しましょう。
効果は「戦闘不能回復・大」にしておくこと。

連続行動用に「時空の卵」を用意しましょう。
ただし「実影の指輪」を装備している場合は用意しなくていいです。

攻撃用に「品質120のヒンメルシュテルン」を用意しましょう。
特性は「特性で強化・大」「少ない敵に大効果」「大きな敵に超有効」「最後の一撃・大」「初心者でも大丈夫」等を付ければ大体の大きなボスには800前後は効くはずです。

時間に余裕があれば、効果に「アイテムがよく効く」が発現した「エーテルインキ」と「暗黒水」を用意しましょう。

黒ドラゴン戦攻略

黒ドラゴンの出現場所

夜の領域

黒ドラゴンのステータス

項目
レベル 60
種族 ドラゴン
HP 5555
攻撃力 110
防御力 55
素早さ 40

黒ドラゴンの使用する攻撃

攻撃 効果
ドラゴンバイト 単体物理攻撃
ドラゴンテイル 単体物理攻撃
トキシックカオス 全体物理攻撃+毒効果
イビルフリッカー 全体物理攻撃+呪い効果
ディープフリーズ 全体氷属性攻撃+スタン効果

黒ドラゴンの攻略法

黒ドラゴンは1ターンに3回行動してきます。
仲間のアシストは全てガードに使うようにしましょう。

トトリは「実影の指輪」を装備するか「時空の卵」を使用して連続行動が常に取れる状態を維持すること。

前衛に特性「ドラゴン特攻」を付けておくとかなり楽に戦えます。

グラスエレメント戦攻略

グラスエレメントの出現場所

月光の森

グラスエレメントのステータス

項目
レベル 65
種族 エレメンタル
HP 7777
攻撃力 120
防御力 100
素早さ 150

グラスエレメントの使用する攻撃

攻撃 効果
ジュエルストーム 単体物理攻撃
ジェムストンプ 単体物理攻撃+眠り効果
ジェムスプラッシュ 全体物理攻撃+スタン効果
光の癒し HP1000回復
神速の矢 全体物理攻撃
全ステータスダウン&自身全ステータスアップ

グラスエレメントの攻略法

全てのステータスが高い上に、こちらを弱体化&自身を強化する「神速の矢」を使用してくるため非常に厄介。
仲間のアシストは全てガードに使用してトトリは回復に専念するようにしたい。
出来れば回復兼攻撃役にロロナを入れておきたいところ。

暗黒水が効きやすい上に猛毒で光の癒しの回復効果も下がるので戦闘開始直後に使うといいです。
特性がちゃんとしてれば毒ダメージで1000以上のダメージを与える事も可能。

オーツェンカイザー戦攻略

オーツェンカイザーの出現場所

海竜の渦
(ランクGALAXYの状態で冒険者ギルドの男に話しかけると出現)

オーツェンカイザーのステータス

項目
レベル 70
種族 ドラゴン
HP 18000
攻撃力 200
防御力 0
素早さ 75

オーツェンカイザーの使用する攻撃

攻撃 効果
噛み砕く 単体物理攻撃+LPダメージ
カーズブレス 全体水属性攻撃+呪い効果
虹雷 単体火水雷土攻撃
轟津波 全体物理攻撃
アシストガード不可能
王者の咆哮 オーツェンカイザーの全ステータス上昇
一番最初の轟津波前に発動
なにかがくる・・・! 轟津波前に発動

オーツェンカイザーの攻略法

防御力は0ですがHPが桁違いに高いので、他の2体より長期戦になります。
さらに1ターンに3回行動してくる上、物理+4属性攻撃と攻撃面も隙がない。
最強装備作成方法の装備でいい勝負が出来るレベルです。

最低でも回復アイテムの使えるロロナとトトリが常に連続行動状態で戦わないと勝ち目は無いでしょう。
アイテムに自動発動効果を付けておけば回復の手間が省けていいかもしれません。

相手の全ステ上昇+こちらの全ステ減少なせいでアイテムでの攻撃が有効な気もする。
トトリとロロナでの実影+時空の卵⇒ヒンメルシュテルン連発がいいかも。

トトリのアトリエ攻略TOPへ戻る

一番上に戻る