総合TOPテイルズオブゼスティリア[TOZ]攻略TOP > 世界観・各地の紹介(天族の杜)

世界観・各地の紹介(天族の杜)



天族の杜イズチ

高山の山頂に位置する、「天族の杜イズチ」と言われる村。
人間世界とは切り離され、幻想的かつ穏やかな時間が流れている。
雄大な景色と美しい自然、何より天界のような清浄さに包まれている。
小規模の集落であるが、全員に家族のようにお互いを信頼し合い、助け合って生活を営んでいる。
人と天族が暮らす理想郷を思わせる場所である。

天族の杜イズチ(1)
天族の杜イズチ(2)
天族の杜イズチ(3)

マビノギオ遺跡

遥か昔に山腹に造られ、風化もせずに現代へと残った遺跡。
過剰なまでの紋様彫刻が特徴。
動物や植物がモチーフとしてふんだんに使われ、その表現は自由でおおらか。
動物の彫刻などは時にユーモラスな印象も。
建物の大事な部分の柱や壁は大きな一枚岩を切り出して作られており、素材を生かしたダイナミックな構造である。
全体に生き生きとした力強さを感じさせるそのつくりは、人間の信仰の力を感じさせるものになっている。

マビノギオ遺跡(1)
マビノギオ遺跡(2)
マビノギオ遺跡(3)



屋外に面した外壁部分は、やはり一面に壁画や装飾が施されている。
外壁の一部は通路を兼ねており、太古の遺跡にもかかわらず見事に原型を保っている。
そこに経つと眼下に果てしなく雲海が広がり、まるで空に浮かんでいるよう。
巨大な遺構の一部は「天族の杜イズチ」に繋がっており、スレイとミクリオは幼い頃からマビノギオ遺跡の探索を進めてきた。
今回二人が初めて立ち入った遺跡の深部は、苔に覆われ、樹木が床や壁を割って育っていた。
それゆえ、崩れかかっている箇所が多いものの、石の彫刻に自然が彩りを加え一種独特のモザイク模様を織り成している。
あちこちに厳めしい巨像が設置されているが、それが人々を見守る神なのか侵入者を拒む魔除けなのか、今となっては正体を知る者はいない。

マビノギオ遺跡(4)
マビノギオ遺跡(5)
マビノギオ遺跡(6)
テイルズオブゼスティリア[TOZ]攻略TOPへ戻る

一番上に戻る