総合TOPテイルズオブエクシリア2攻略TOP > システム(リンクモード)・共鳴術技

システム(リンクモード)・共鳴術技



共鳴術技(リンクアーツ)とは

リンクモード中に敵に攻撃をヒットさせると、画面上のゲージが溜まっていきます。
このゲージを溜めることで「共鳴術技(リンクアーツ)」を繰り出すことができます。
共鳴術技とは、リンクで繋がった2人が、協力して1つの術や技を発動する攻撃です。
共鳴術技は、パートナーの組み合わせ、更に術・技の組み合わせによって、様々な種類が存在します。
いつ、どのような状況で、誰とリンクし、どんな攻撃を行うかに多様な戦略性があり、戦いのスタイルが広がります。


共鳴術技の種類

  • コモン共鳴術技
    コモン共鳴術技紹介動画
    • 前作では、共鳴術技は特定の術技の組み合わせでしか発動できませんでした。
      TOX2では、誰とでも、どの術技でも必ず共鳴術技を発動させることが可能になりました。
      コモン共鳴術技には、起点となる術技に関係なく、ルドガーの武器の状態やキャラクターの組み合わせによって、突進系・範囲系等の幾つかのタイプが存在します。
      共鳴術技アイコンは銀色です。

  • ユニーク共鳴術技
    ユニーク共鳴術技紹介動画
    • 特定のキャラクター同士が特定の術技の組み合わせによって発動する共鳴術技で、前作使用可能だった共鳴術技は、こちらにあたります。
      見た目も派手で強力なものが多く、攻撃だけでなく回復や支援を行う共鳴術技も存在します。
      共鳴術技アイコンは金色です。

共鳴術技ゲージ

共鳴術技ゲージ

共鳴術技ゲージとは、リンクモード中に敵を攻撃すると、徐々に溜まっていくゲージです。
(上画像の画面左のゲージです)
ゲージは5段階あります。


リンクモード中にのみ、敵に攻撃すると共鳴術技ゲージが溜まっていきます。
ゲージが1~5の各段階まで溜まった際に、共鳴術技を出すことが出来ます。


また、プレイヤーが操作していないオートキャラクター同士でも、自動的にリンクを行います。
(作戦で設定可能です)
ゲージはパーティで1本なので、オートキャラクター同士がリンクすると、その分溜まるのが早くなります。


共鳴術技の発動方法

共鳴術技の発動方法

共鳴術技ゲージが1~5のどこかの段階まで溜まった際、ゲージが点滅するようになります。
この際に、操作キャラ(マスターキャラ)が、任意の術技を繰り出すと、一定時間、金または銀の「共鳴術技アイコン」が出現します。
この共鳴術技アイコンが表示されている間に「R2ボタン」を押すと、共鳴術技が発動します。


リンクパートナーとユニーク共鳴術技が発動する術技だった場合は、金色のアイコンが、そうでなかった場合は銀色のアイコンが表示されます。


また、アイコンが表示されても「R2ボタン」を押さない限り、共鳴術技は発動しません。
つまり、流れで術技を出してしまい、意図せず共鳴術技が暴発するということはありません。


共鳴術技を出してもゲージは減るわけではなく、次の段階に向けて溜まり始めます。
逆に、共鳴術技を発動しない限り、ゲージはその段階で止まったままになります。
(点滅し続けている状態)


共鳴術技の例

  • ルドガー「ソート・ラルデ」+ジュード「転泡」=臥龍裂渦
    • 二人で一点へ衝撃を叩き込み、水脈を解き放つ。
    共鳴術技・臥龍裂渦

  • ルドガー「一迅」+ミラ「スプラッシュ」=レイニースティンガー
    • ミラが増幅させた光の力を、ルドガーが纏って連続突きを繰り出す。
    共鳴術技・レイニースティンガー

  • ルドガー「重裂波」+ガイアス「断臥昇天」=邪霊一閃
    • 二人の息の合った動きで、敵にX字の斬撃を与える。
    共鳴術技・邪霊一閃

  • ルドガー「バブルストーカー」+ミュゼ「アヴォイダンス」=スナイプバレル
    • ミュゼの髪を砲身とし、ルドガーが強力な射撃を敵に放つ。
    共鳴術技・スナイプバレル

  • コモン共鳴術技
    • 発動術技が、ユニーク共鳴術技に繋がらない術技だった場合、コモン共鳴術技が発動します。
      ルドガーがマスターだった場合、その時の武器の状態によって発動するコモン共鳴術技は異なります。
    コモン共鳴術技

オーバーリミッツ(OVL)

共鳴術技を発動しても、ゲージは減ることなく次の段階へと溜まっていきますが、ゲージがMAX(5段階)まで溜まった時に共鳴術技を発動すると、オーバーリミッツ(OVL)状態になることが出来ます。


1~4段階と同じく、5段階まで溜まった際にもゲージが点滅し始めます。
この時に共鳴術技を発動させると、リンクしている二人共に一定時間オーバーリミッツ状態となります。
OVLになると、敵の攻撃を受けても仰け反らなくなり、更にACを消費せず行動が可能になるほか、共鳴術技が何度も出せるようになります。
OLVを発動した瞬間、ゲージは徐々に減り始め、0になるとOVLは解除されます。


また、一旦OVLになるとリンクを解除してもマスターキャラにはOVL効果が残ります。
(相手側は解除されます)
OVL状態のまま新たに他のキャラにリンクすると、そのキャラもOVL状態にさせることが出来ます。


オーバーリミッツ(1)
オーバーリミッツ(2)

共鳴術技チェイン

共鳴術技チェイン紹介動画

OVL中にのみ、共鳴術技を連携させる「共鳴術技チェイン」を行うことが出来ます。
最初に「R2ボタン」で任意の共鳴術技を発動した後、タイミングよく術技を繰り出していくことで、共鳴術技から共鳴術技へと連携をしていくことが可能です。
ただし、連携中に同じ組み合わせの共鳴術技は二度使用できません。
(コモン共鳴術技は同じ共鳴術技でも、パートナーが異なれば使用できます)


共鳴術技発動中にリンクパートナーを切り替えることも出来るので、タイミングを上手く合わせることが出来れば、パートナーを切り替えて共鳴術技チェインを繋げていく事も可能です。


TOX2では、コモン共鳴術技が追加されたことで、共鳴術技チェインが繋ぎやすくなり、より多彩な組み合わせを楽しめるようになりました。
また、共鳴術技チェインの最中にルドガーの「ウェポンシフト」を組み込むこともできます。

テイルズオブエクシリア2攻略TOPへ戻る

一番上に戻る