総合TOPテイルズオブエクシリア攻略[TOX攻略]TOP > 世界観 リーゼ・マクシアの覇権を争う二国

リーゼ・マクシアの覇権を争う二国

現在のリーゼ・マクシアは、ラ・シュガルとア・ジュールという二国に分かれている。
二国はリーゼ・マクシア全土の覇権を巡って対立関係にあり、国交もあまり盛んではない。
更に近年、ラ・シュガル王が独裁色を強め、急速に対外侵攻政策を進めていることもあり、緊張状態が続いている。


  • ラ・シュガル
    リーゼ・マクシアの覇権を争う二国(ラ・シュガル)
    リーゼ・マクシア南方に位置する、温暖な気候と肥沃な土地に恵まれた大国。
    歴史の古い国家で、伝統・旧習を重んじる傾向にある。
    多くの術士を抱え、充実した精霊術文化を持ち、教育・研究にも力を入れている。
    特に王都イル・ファンはリーゼ・マクシア随一の大都市であり、最新の精霊術を用いた煌びやか建造物の数々はラ・シュガルの国威の象徴。
    代表貴族により構成された議会が存在するが、王の独裁体制が整いつつある現在、議会は有名無実化している。

  • ア・ジュール
    リーゼ・マクシアの覇権を争う二国(ア・ジュール)
    現ア・ジュール王が、北方の少数部族や辺境の小国をまとめあげて建国した連邦国家。
    国土の大部分が険しい山脈や乾燥した荒野で、山岳部には積雪も多い。
    新興国ながら目覚しい発展を遂げており、現王はその手腕とカリスマ性から高い支持を得ている。
    部族統一により、独自色を持った活力ある文化を形成している。
    また、魔物を操る一族が存在し、魔物の習性を巧みに生活や軍事に利用している。
テイルズオブエクシリア攻略[TOX攻略]TOPへ戻る

一番上に戻る