総合TOPテイルズオブエクシリア攻略[TOX攻略]TOP > 世界観 リーゼ・マクシア

リーゼ・マクシア

精霊術による文化を基盤として発展した世界、リーゼ・マクシア。
そこには人間と多くの魔物、そして遍く精霊達が存在していた。


人間は、脳の「霊力野(ゲート)」と呼ばれる器官から世界の根源エネルギーである「マナ」を発することができ、マナを糧として生きる精霊は、人間からマナを受け取り、その見返りとして術を発動させる。
これが精霊術の仕組みであり、この共生関係こそがリーゼ・マクシアの文明の根幹を担っていた。


精霊術は、人により得手不得手があるものの、誰もが使える一般技術で、生活の隅々にまで浸透していた。
照明を灯すこと、家を建てること、大きな船を動かすこと、全てを行っているのは精霊術である。


しかし精霊の姿そのものは、特別な方法で実体化していない限り、人間の目で捉えることは難しい。
日常的に精霊術の恩恵に与っていても、実体化した精霊を見ることは非常に稀である。
そんな精霊達を太古から束ねる王は、元素の精霊マクスウェルであると言われている。


世界観 リーゼ・マクシア(1)
世界観 リーゼ・マクシア(2)
テイルズオブエクシリア攻略[TOX攻略]TOPへ戻る

一番上に戻る