総合TOPテイルズオブジアビス[TOA][3DS・PS2]攻略TOP > 世界観・街の紹介

世界観・街の紹介



光の王都 バチカル

街の紹介・光の王都 バチカル

キムラスカ王国の王都。
譜業による防衛を確立した要塞都市でもある。
ヒエラルキーに沿って住民の住む土地が決まっており、高層部分は王室と血縁の貴族達が住む場所になっている。
軍事的大国としての色合いが強い国。
政治形態は王政をとっている。


水上の帝都 グランコクマ

街の紹介・水上の帝都 グランコクマ

マルクト帝国の帝都。
譜術が盛んで、生活様式にも譜術が取り入れられている。
水の都とも呼ばれ、上下水道を利用した水壁が、街の防衛を固めている。
先帝からピオニー九世に代替わりしたことで、街の雰囲気も明るく開放的になった。
軍隊も譜術士中心。
政治形態は帝政をとっている。


ローレライ教団総本山 ダアト

街の紹介・水上の帝都 グランコクマ

ローレライ教団の総本山。
二国に対して中立を保っている。
自衛のため、ローレライの騎士と呼ばれる教団兵を持っており、彼らを総称して「神託の盾」と呼ぶ。
教団兵を含め、殆どの教団関係者はダアトに住んでおり、街の住人の大多数は教団関係者。
一部商売人のみ、教団員でないものもいる。


食料の村 エンゲーブ

街の紹介・食料の村 エンゲーブ

広大な穀倉地帯を有するマクルト帝国の村。
ここで生産される食料は他国へも輸出されており、村人達は農産物への誇りを持って生活している。
国境から遠いためか、のどかで平和な田園風景が広がっている。
人口2万人。


音機関都市 ベルケンド

街の紹介・音機関都市 ベルケンド

キムラスカ王国に属する音機関の研究都市。
ルークの父であるファブレ公爵の領地である。
研究施設を中心に街が発展していったため、観光客が訪れる事も少ない。
住民の大半は研究施設で働いているが、その中にはマルクト帝国からの亡命して来た研究者もいる。
人口25万人。

テイルズオブジアビス[TOA][3DS・PS2]攻略TOPへ戻る

一番上に戻る