タイトル画像
総合TOP.hack//G.U.攻略TOP>個別END台詞集(2)
関連項目

個別END台詞集(2)


個別END

揺光
ハセヲ
「揺光……」
揺光
「ハセヲ……」
揺光
「…………」
揺光
「ほ、ほら! 黙ってないでさ! その……な、なんか言ってよ……」
ハセヲ
「……大丈夫」
揺光
「……!」
揺光
「責任……取ってもらうからな!」
揺光
「アンタは、アタシを眠りから覚ましてくれた王子様なんだから!」
揺光
「カッコよくて、優しくて、アタシのワガママ全部許してくれなきゃダメなんだから……!」
ハセヲ
「……幸せにする」
揺光
「……うん」
揺光
「アタシも、アンタを幸せにしてあげる!」




―断っておくけど、アタシは一途でしつこいぞ!―
揺光END




朔望(朔)
ハセヲ
「朔。あのさ」

「おそいわ!」

「彦星を待ってる織姫のような気分やったわ!」
ハセヲ
「……一年も待たせてねぇだろ」

「ほんま、あんなメール送ってきおって。 どういうつもりやねん?」
ハセヲ
「……とりあえず……。 これからも……よろしくな」

「……や、やけに直球やないか。 ち、調子狂うわ……」

「まぁ、これからはウチも、ハセヲの言う事聞いたるわ」

「……よ、よろしゅうな」
ハセヲ
「……そろそろ、行こうか」

「……そやな。いこか!」




―仲良うしたってや!―
朔END




朔望(望)

「あ、ハセヲにいちゃん! メールありがとね!」
ハセヲ
「望。元気そうだな」

「うん!」

「……ハセヲにいちゃんが、ほんとのおにいちゃんだったらよかったな」

「そしたら、もっともっと、いっしょにあそべるし」
ハセヲ
「まぁ、心配すんな。 べつにこれでさよならってワケじゃないし」

「そうだよね! これからも、いっしょだよね?」
ハセヲ
「……そうだな。 それじゃ……改めて、よろしくな」

「うん! よろしくね。ハセヲにいちゃん!」
ハセヲ
「よし……そろそろいくか」

「うん。いこっ!」




―ぼく、ハセヲにいちゃんのそういうとこ、すきだな―
望END




エンデュランス
ハセヲ
「エンデュランス……」
エンデュランス
「ハセヲ……」
エンデュランス
「砂漠のように枯れたボクの心をキミの想いが満たしてくれた」
エンデュランス
「だって……重ねた想いに嘘はないから」
パイ
「ハセヲ……あなた、あっちの世界の住人だったのね……」
エンデュランス
「ああ……もう抑えられない」
アトリ
「ぞんなぁ、バゼヲさぁぁぁぁあん」
エンデュランス
「キミとの想いを確かめたいよ」
志乃
「ハセヲも見つけたんだ。『黄昏の鍵』」
エンデュランス
「行こう……2人だけの世界へ」




―キミにボクの全てを捧げることを誓うよ―
エンデュランスEND




大火
ハセヲ
「なぁ、大火……」
大火
「少しは男前が上がったじゃねぇか……」
ハセヲ
「な……?」
大火
「まぁ、それくらい当然だ。なにしろワシの弟子だからな」
ハセヲ
「なに言ってんだ、クソオヤジ……!!」
大火
「かっかっか! 照れるな照れるな!」
ハセヲ
「ったく……しょうがねぇな」
大火
「かっかっか! いいから行くぜ!」
ハセヲ
「ありがとよ、師匠……」




―かっかっか! さすがはワシの弟子だ!―
大火END





「いよっ! ハセヲ」
ハセヲ
「松……」
ハセヲ
「俺は――、」
ハセヲ
「お前が必要だ!!」

「くっくっくっく……」

「だーははははははははっ!!」

「へッ、胸の奥がバチバチしてきやがった!!」

「……決めたぜ! 俺はお前のために命だって張る! 漢と漢の約束だ!」
ハセヲ
「ああ……」
ハセヲ
「よし、行くぞ」

「応っ!!」




―久しぶりにギラギラしてきたぜ―
松END


.hack//G.U.攻略へ戻る