総合TOPメルルのアトリエ攻略TOP>進める上でのポイント


進める上でのポイント [編集]

  • 採取関係
    • 物語前半の採取は控えめに
      • 物語前半は低品質のアイテムしか採取できないので採取回数は抑えるようにしましょう。
      • 開拓課題用・攻撃・回復アイテムに使うアイテムは多めに回収し、その他のアイテムは4,5個手元に残す程度に採集を行いましょう。


  • 採取は新地開拓系の課題時に一気に行う
    • 無駄を無くすために採取は新地開拓軽課題時に一気に行いましょう。
    • 次に発生する開拓課題を調べておくと効率良く採取できます。
      (ここら辺はチャートに記述)


  • (木材)(燃料)アイテムは多めに採取
    • アイヒェ等の木材系、何かのタマゴ・タールの実等の燃料系アイテムは大量に使用するのでなるべく多めに採取しておきましょう。




  • 調合関係
    • 調合で作成するアイテムの種類は抑える
      • 仲間依頼の為です。
        アイテムの種類増やせば増やすほど仲間依頼のアイテムの種類が増えるので仲間の交友値をある程度まで上げるまでは調合で新種のアイテムを作成するのは控えましょう。
  • 作成時に使用する材料アイテムは厳選する
    • コスト、品質アップや装備品作成で使いそうな特性の付いているアイテムの使用はなるべく避ける。(装備品については物語終盤で特に心がけること)




  • 酒場依頼
    • 採取系依頼はショップ、ホムを活用
      • ショップで購入できるアイテムの納品依頼は積極的に受けましょう。
      • ホムにさせることがなければ積極的に活用しましょう。
  • 討伐系依頼は開拓のついでに
    • 討伐系依頼は開拓で目的地に向かう途中で行っていくようにしましょう。
      なので開拓でワールドマップに出る前に必ず酒場に立ち寄って依頼をチェックするように。




  • ホムの利用
    • 仲間依頼のアイテムの作成
      • 仲間依頼のアイテムはホムに作らせるといいでしょう。
        「品質重視」で作らせれば交友値上げがぐっと楽になるはず。


  • 開拓課題に必要なアイテムの作成
    • 品質系アイテム納品の課題であればホムを活用しましょう。
      「品質重視」でアイテムを作らせておくといいでしょう。
    • 同時進行でメルルも他の課題に必要なアイテムを作成すると効率が良いです。


  • フィールドで使用する回復アイテムの作成
    • ホムの作るアイテムは主効果・特性の指定ができないのでアイテムの効果が安定しない場合があります。戦闘以外で使用する回復アイテムはホムの作ったもの、戦闘では自分で作った厳選特性をつけたアイテムを使用するといいでしょう。
    • 強敵と戦わないのであればホムの作った回復・攻撃アイテムでも特に問題ありません。




  • パメラ屋に登録しておきたいアイテム
  • 攻撃・回復アイテム
    • 安価でよく使う「フラム」は必ず登録。
      単体攻撃用に「レへルン」も登録しておくといいでしょう。
    • ホムが使えるようになるまでは「ヒーリングサルヴ」等の回復アイテムも登録しておきたい。
    • 物語中盤以降はメテオール、ナントカの秘薬等の高価アイテムも登録しておく。


  • 最大コストを上げる特性をつけたアイテム
    • 同種のアイテムで「コスト枠極大+コスト拡張+コストレベル+2」「コストレベル3+コストレベル1」の特性を持つ同種のアイテムをそれぞれ作って登録しておきたい。
    • ループ調合品かつ汎用性のある「練金炭」にこれらの特性をつけて登録するといいかも。(装備品作成で大活躍します)


  • 品質を上げる特性をつけたアイテム
    • 物語後半で高品質のアイテムを作る必要がある為。
      ただし、アイテムによって素材となるアイテムがバラバラなので無理して登録する必要は無い。(後半になると高品質アイテムが採取できるというのも理由の1つ)
    • 登録するアイテムはコスト同じく汎用性のある「練金炭」でOK?


  • 栄養剤
    • 装備品や戦闘アイテムに付ける特性を持つアイテムをさがす為に必要。
    • 栄養剤は高いので安物系の特性をつけて登録しておきたい。


  • インゴット系
    • 温泉エンドで大量に使用するので是非登録しておきたい。


  • その他
    • 仲間からの依頼で使用する調合中間品(高品質推奨)等を登録しておくといいでしょう。
 
 

コメント [編集]




メルルのアトリエ攻略wikiTOPへ戻る


amazon