タイトル画像
総合TOPアルトネリコ2攻略TOP>I.P.D.感染症
関連項目

世界

I.P.D.感染症とは

400年前、神との戦争があった。
その時、神は人々に鉄槌を喰らわした。
それはレーヴァテイルを蝕む、恐ろしい感染症。
I.P.D.はレーヴァテイルにのみ発症し、発症すると精神を蝕まれ、魔法を暴発する。
その為、発症した場合、気絶させるなどして隔離するほか無い。
I.P.D.感染症の恐ろしいところは、その感染力。
感染体が発症すると、その周囲数十メートル圏内のレーヴァテイルは、高確率で連鎖発症する。
その為大鐘堂騎士隊は住民の安全を維持するために、
発症I.P.D.を確認して速やかに保護する役割を担っている。



I.P.D.感染のレーヴァテイルの保護活動

I.P.D.に感染すると、レーヴァテイルは詩魔法を暴発する。 
そのため大変危険な状況になる。
発症すると精神が崩壊するため、詩魔法を乱射してしまう。

I.P.D.に感染したレーヴァテイルが詩魔法を詠唱している場面。


I.P.D.感染したレーヴァテイルを保護して治療してあげると、一緒に詩魔法を謳ってくれるようになる。

I.P.D.感染したレーヴァテイルを保護し、彼女達がクローシェの力になりたいと発言している場面。


I.P.D.感染したレーヴァテイルを保護するのも大鐘堂騎士隊の仕事。
I.P.D.の徘徊状況は、ラクラというシステムによってサーチできる。

ラクラによるサーチ検索結果場面。



I.P.D.隔離施設

保護されたレーヴァテイルが収容される隔離施設は非常に環境が良いところではない。
I.P.D.に感染したレーヴァテイルは暴れるので、監禁隔離される。


部屋で怯えるI.P.D.に感染したレーヴァテイル。何かの実験も行っている?



アルトネリコ2攻略へ戻る