タイトル画像
総合TOPアルトネリコ攻略TOP>世界・ソル・シエール
関連項目

世界

ソル・シエールとは?
アルトネリコの舞台となる世界のこと。
この世界は足元は「死の雲海」に覆われ、天は「ブラストライン」と呼ばれる
プラズマの海で遮られている孤独な世界で、
一本の塔と1つの小さな浮遊大陸(ホルスの翼)しか存在しません。
そしてこの世界は古代文明の遺産といわれる塔、
「アル・トネリコ」の恩恵によって支えられています。
昔はこの世界にも空や大地があり、その時代の人々は
「エレミア三謳神」の元、強大な文明を築いていました。
しかし、二度の厄災によりこの世界の大地と空、そして高度文明を失いました。


そして今は、詩神の復活による理想郷の再建を掲げる「エル・エレミア教会」と、
科学技術による文明の復活を計る総合企業「天覇」の二つの勢力が
お互いの信念を突き進んでいます。
天覇とエル・エレミア教会
この世界「ソル・シエール」で人々が生活を送っている浮遊大陸「ホルスの翼」。


この浮遊大陸には、現在失われている塔のテクノロジーを
人々の生活へ活かそうとする複合企業「天覇」と、
エレミア三謳神の降臨を目的とし、
人々を幸福へ導こうとする団体「エル・エレミア教会」が存在しています。
両者は共にレーヴァテイルを保護し、
その力を人々のために、ひいては自分たちのために活用しています。
破滅に導いた二度の厄災
かつて大地と空が、そして高度文明が存在していた「ソル・シエール」。


これらは二度の厄災によって消えています。
一度目の厄災で大地と空が、そして二度目の厄災で高度文明が消えました。


そして、第3期と呼ばれている今の時代。
天を貫く塔「アルトネリコ」の恩恵にすがる時代を迎えています。
「第1紀」と「第2紀」
はるか昔、グラスノインフェリアと呼ばれる人の起こした大災害の影響で
人々は「アルトネリコ」のそばでしか生きられなくなってしまう。
このグラスノインフェリアが起こるまでの歴史を「第1紀」と呼び、
グラスノインフェリアが起こって一度世界が滅んでからの歴史を「第2紀」と呼ぶ。


「第2紀」の終焉の際、人々は再び「世界の崩壊」という危機を迎える。
塔の両翼に浮かんでいた浮遊大陸「ホルスの翼」は片翼を失い、
多くの人々がその片翼と運命を共にした。
しかし、「聖女」と呼ばれるレーヴァテイルの出現により、その危機を脱することになる。
スクリーンショット
スクリーンショット
スクリーンショット
スクリーンショット


アルトネリコ攻略へ戻る